コドミン 何歳から

コドミンは何歳からでも大丈夫?

「授業中じっとしていられない」、「お友達と仲良く遊べない」、「何度注意しても治らない」などお子様の成長でお悩みの方はいらっしゃいませんか?

 

そんな方に今注目なのが子供の落ち着きや集中に効果があるとして、いま話題のコドミン!

 

落ち着いた楽しい毎日をサポートしてくれる嬉しいコドミンですが、いったい何歳から飲んでも大丈夫なのでしょうか?

 

子供にサプリメントを飲ませることにも抵抗があるお母さんもいらっしゃるかと思いますので今回は話題のコドミンは何歳から飲めるのか?その効果についても調査してみましたので、ぜひ参考にしてみてください。

 

コドミンは何歳から飲めるの?

 

落ち着いて安定した毎日のサポートをしてくれるコドミンですが、一体何歳から飲ませても大丈夫なのでしょうか?

 

みなさんお子様の落ち着きの無さ、集中力の無さや注意力不足などに気が付くのは大体保育園や幼稚園に通いはじめて気が付く方が多いです。

 

またサプリメントですので、問題なく飲むことができる3.4歳頃が目安と言えるでしょう。

 

コドミンは大きくなってから落ち着きのない子になったら困るからと、早めに上げればいいというものではありません。

 

お子様の成長に合わせて何歳からあげるのか、またあげる必要はあるのかお母さま方の判断が重要であると言えるでしょう。

 

コドミンの効果は何歳からわかる?

 

コドミンは何歳からでも飲ませればいいというものではないことがわかりましたが、その効果は何歳からわかるのでしょうか?

 

コドミンが子供の落ち着きに効果があると言われているのは、大豆にわずか0.003%しか含まれていない「ホスファチジルセリン」という成分を主に使っているから。

 

1粒になんと大豆3.3kg分もの成分を含んでいるため、より効率的に摂取することができるのです!

 

子供にも飲みやすいラムネ味で、サプリメントなので副作用などの心配もありませんが、何歳から飲ませてもいいというわけではなく症状が気になりだしてから与えてください。

 

そしてコドミンは即効性のあるお薬ではないため、飲み始めて3か月くらいしてやっと少しずつわかるようになるかと思いますので、何歳からというよりかはぜひおやつ感覚で習慣づけてあげて長い目でみてあげてくださいね。

 

コドミンは何歳から飲めるのかまとめ

 

調べてみるとコドミンは大豆を主成分としたサプリメントなので副作用などの心配はなさそうですが、早めに飲ませればいいというわけではなく症状に気づき始めてから与えるのでもまったく遅いことはありませんので様子をみてあげることが大切ということがわかりましたね。

 

目安としては保育園や幼稚園に通い始める3.4歳ころがいいでしょう。

 

また小学生に上がってから気が付く方もいらっしゃいますので、うちの子は症状が遅い?と心配する必要もありません。

 

気になったらコドミンに助けてもらい落ち着いた充実した毎日を過ごしちゃいましょう!

 

コドミンに興味のある方は公式サイトにさらに詳しい内容も載っておりますので是非一度ご覧になってみてください。

 

 

>>コドミンに興味のある方はこちらから